日本生まれの階段製品を選ぶ理由は?

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

1950年代、第二次世界大戦での敗北後、日本経済は不況に陥りました。そのタイミングで多くの企業は、顧客にとって本当に必要なものを見直し、品質の高さが長期的な発展のために必要だということを理解しました。それにより「品質の高さが日本の誇り」という共通認識が生まれ、その後は厳しいテストをクリアした最高の製品たちを発売しました。

桜の国は、ベトナム人に対して「すべての日本製品は品質が良く丈夫だ」という印象を与えることに成功しています。

そのため現在では、日本企業の製品やデザインは顧客にとっての選択肢に必ずと言っても良いほど入るほどになっています。

現代の住宅において、階段はフロア間を接続し移動するために必要不可欠なものです。また美しいデザインの階段は、インテリアに合わせて設置することで家の価値を高めてくれます。

以前であれば、屋内の階段の多くは木、コンクリート、ガラスなどで作られており、鉄骨で作られた階段は主に工場の工場でしか使用されていませんでした。しかし、現在では異なります。無骨なイメージの鉄骨階段はスチール製階段に取って代わり、美しくクリエイティブなデザインが多くの家庭で好まれています。

では、なぜ日本製の階段を選ぶのでしょうか?


階段を購入するときに最も重要視しなくてはいけないのは、階段の設計と安全性についてです。日本から来たこの階段製品は、確かな品質、製品へのこだわりの割に手頃な価格が特徴です。そして日本の品質基準に則り、様々な住宅のスタイルに合わせて階段を美しくユニークに設計できます。

他のインテリア製品に劣らない美しさ

我々の階段商品は、ベトナムのマーケットにおいて新たな需要を生み出し、隠れていたユーザーのニーズを満たすことが目的です。そのため、熟考の上で設計され、柔軟に対応でき、高さや幅を変化させることができ、さらに非常にコンパクトに設計されています。階段は、多様なライフスタイルに合わせてデザインすることが求められます。我々の階段は、住宅をより美しくするため、他のインテリア製品と調和しやすいデザインとカラーを選べるようになっています。

現場で溶接や塗装をせず、すばやく設置が可能

人が運べるほどのパーツに分けられて運搬され、現場で組み立てる方式のため、工事時に塗装や溶接を必要としません。さらに溶接痕を見えないように工夫し、パーツごとの継ぎ手も目立たないように設計されています。そのため見た目が美しくなることはもちろん、設置の際の時間とコストを削減できることが大きなメリットとなります。

この記事を通して、あなたのリビングルームに合う階段を選ぶ助けになれば幸いです。

Hotline Katzden:0908-846-227  – 0908-834-227

Leave a Replay

Sign up for our Newsletter

Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit

Top