JOKER Interview

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

こちらのお店のコンセプトは何ですか?

ヘアサロンと本格的なバーを組み合わせ、大人のためのリラックス空間というのがJOKERのキャッチコピーです。

メンズカットは予約をすれば夜11時まで営業しており、もちろんバーで注文したお酒を飲みながらサービスを受けることができます。

また日中はカフェとしても運営しており、コワーキングスペースとしても利用可能です。

チケットを購入した方は自由に使えるようにしています。

様々な業態を持っていますが、どのように広げていったのですか?

JOKERをオープンする5年ほど前にニューヨークでBARBERとBARをかけ合わせた店舗をいくつか訪れ、その空間のなんとも言えない大人感というか、雰囲気に憧れを抱き、いつか自分でもこんなお店をオープンしたいと考えていました。

日系の美容室から独立したタイミングで最初は小さい規模から始めていき、最初はバーテンダーを、その次に女性の施術が得意な美容師をと、徐々にパートナーを増やしていきました。

値段はいくらぐらいですか?

[美容室]

カット&シャンプー:500k vnd

パーマorカラー:1,000k vnd〜

[BAR]

ビール:60k vnd〜

ウイスキー:100k vnd〜

カクテル:120k vnd〜

[CAFE]

コーヒー:30k vnd

スムージー:50k vnd

どの施設も値段以上のサービスを受けられることをモットーにしており、リピーターのお客様が80%以上います。

どのようなお客様が来ますか?

日本人が80%、ベトナム人が10%、その他外国人が10%ほどです。

集客方法としてFacebookを主に使っているのですが、どの施設も紹介されて来られる方が圧倒的に多いです。

内装はどのように作り上げましたか?

もともと住宅だった物件を改築しました。

GFは玄関だったので、BARとして使うにはとても圧迫感がありました。

そこでコンクリート製の階段を壊して『DEROUS』を入れることで開放感が出ると同時に、他にはないクールな雰囲気の内装を出してくれていると思います。

その階段に合わせて、異形丸鋼を使った棚、テーブル、椅子をそれぞれオーダーメイドで作り、インダストリアルな雰囲気に仕上げました。

BARBERがある部屋はキッチンだったのですが、キッチンをすべて撤去し、天井のボードを剥がして高くし、窓を塞いで・・・と、かなり手を入れました。

この階段『DEROUS』は、この場所にどのような影響を与えていますか?

細いラインで組まれた階段のおかげで開放感が得られました。

さらにユニークなデザインなので、他にはない空間を作れていると思います。

ベトナムの物件ではコンクリートの階段に木製の古いデザインの手すりが設置されていることが多くです。

それでは他の内装をいくら工夫しても、良いデザインの空間を作ることは難しいので、思い切ってもともとの階段を壊してシースルー階段を設置して良かったと思っています。

Leave a Replay

Sign up for our Newsletter

Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit

Top